お茶や飲み物で脱加齢臭!

緑茶

緑茶の中に含まれる「カテキン」には抗酸化作用があり体のサビをとる作用が含まれます。
では「カテキン」を多く含む緑茶とは…
太陽の光を沢山あびた茶葉は「テアニン」が日光に反応してカテキンになるため「カテキン」が多く含まれます。この茶葉は一番最後に詰まれるため安価なものが多く、緑茶の中でも一番安い緑茶にこそ「カテキン」は沢山含まれています。
安い緑茶を購入して、熱い熱湯で苦い緑茶を飲む事で加齢臭に効果が得られます。

 

ルイボスティー

ルイボスティーの「抗酸化作用」は緑茶の約50倍あると言われています。
ルイボスティーには「活性酸素分解酵素」が含まれており、体をサビつかせる加齢臭の原因である「活性化酸素」を分解させ酸化を抑える成分が入っています。
この「活性化酸素分解酵素」は市販されている全てのルイボスティーに含まれている訳ではなく、生産の一割に当たる「スーパーグレード茶葉」から抽出されるもので高価なものです。
10メートルあると言われるルイボスティーの根は地下の水分やミネラルを沢山吸い成長します。この中でも質の高い「スーパーグレードルイボスティー」には多くの「セレン」と言う物質が含まれており、抗酸化作用があり加齢臭にも効果が得られます。。
カフェインもありませんので体にも優しいお茶です。

 

赤ワイン

ぶどうに含まれる「ポリフェノール」は「抗酸化物質」が多く含まれており、「アントシアニン」が沢山含まれているため体の酸化を防いでくれます。
お酒の中でもオススメです。
その他にも「フラボノイド」「カテキン」を含む赤ワイン。
活性酸素による細胞の参加を抑制します。
沢山の日光を浴びて赤く染まった濃いぶどうほど「ポリフェノール」が沢山含まれていますので、よく熟成された赤ワインほど「抗酸化作用」が高いのです。
赤ワインの抗酸化作用で加齢臭にも効果が得られます。

 

りんご酢

りんご酢には消臭作用があります。
これを体の中から取り入れると言う事で加齢臭への消臭効果が期待でき、血糖値を下げたり血液をサラサラにしてくれる効果も得られます。
体の中からキレイにしてくれるりんご酢は加齢臭対策の見方です。
自分で手作りする事も出来ますので是非試してみてください。

 

簡単なりんご酢の作り方

(材料)

  • りんご 100g(中サイズのリンゴ半分くらい)
  • 醸造酢 200ml
  • 黒糖 80g

 

(作り方)

  1. りんごの表面を良く洗いスライス状に切っていきます。
  2. りんごを拭いて水気をとります。
  3. 黒糖は、かたまりを潰して粉状にし、先ほどのりんごと共に容器に入れておきます。
  4. そこに酢を加えて軽くかき混ぜて黒糖を酢に馴染ませます。
  5. そのまま保存してねかせると完成です。
  6. 数日後から使えますが、1年熟成させても美味しいりんご酢になりますよ。

 

果汁100%のオレンジジュース・グレープフルーツジュース

果物類に含まれる「ビタミンC」は、抗酸化作用の働きを促し活性酸素を抑制するだけではなく、活性酸素によって傷ついてしまった細胞を修復してくれる働きもあり、加齢臭の対策には外せない存在です。

 

豆乳

イソフラボンを多く含む大豆飲料は「抗酸化物質」が含まれており酸化を防ぐ事で「加齢臭」にも効果が得られます。