三十歳をすぎたら加齢臭予備軍!?

加齢臭は高齢になってから起きるニオイだと思っていませんか?
いわゆる「おじさん臭」と言われてきた「加齢臭」。
おじさん・おばさん年齢ではない20代後半から30代前半の方々は「加齢臭の対象ではない」と思っているのではないかと思います。

 

しかし、加齢臭と「おじさん臭」は全くの別物です。
おじさん臭といわれるのは、おじさんが良く使っている整髪剤の香りやコロンの香りであって「加齢臭」自体のニオイではないとされています。
ダンディーなおじ様方がお洒落のために使う香り、もしかしたらこの香りに加齢臭が混ざっている場合もあるかもしれませんが…(笑)
おじさん独特の香りと言うのは、おじさん達が自分のニオイを誤魔化すために意識して漂わせている「香水」と同じ香りで、作られた香りなのです。
だから体内から排出されるオリジナルの加齢臭とは別のニオイなのです。

 

加齢臭が放たれる年齢や加齢臭のニオイには人によって個人差がありますが、
最近では若年層の加齢臭が増えています。
体を動かす仕事が主だった日本人の生活や文化から、現代の日本人の生活スタイルへと時代が変わりそれに合わせて体も変化を起こしている事が「若年性加齢臭」の原因かもしれません。
みなさん30代に入ったら加齢臭に悩まされているようです。

 

顔のニオイに変化を感じたり、頭皮のニオイが変わったり、朝起きた時の布団のニオイに変化を感じたり…
小さな変化から自分のニオイが気になり始め、それがストレスになってニオイが増す場合もあるようです。
頭皮・耳の後ろ・背骨にそった背中部分や肩甲骨の内側・胸の谷間や手の平など…
自分の皮脂が臭っていないかどうかチェックしてみてください。
30代の加齢臭はまだまだ改善の余地があります。

 

人間も動物と同じで、ニオイのない人間はいません。
しかし、いつもと違う匂いが自分の体から漂ってきたら…
それはとても気になる事ですよね。
30代で加齢臭に気がついたとしたら、平均寿命の80歳まで残りの50年間は臭い体と付き合っていかなくてはいけないのです。
これはショックですよね。

 

この「加齢臭」発生には原因があります。
と言う事は原因を改善する事で対処する方法もあります。
若いうちに気がつき早い対処と心がけを続ける事で「脱加齢臭!!」を目指しましょう。
ケアが早いほど、体の改善も早く、若いうちは代謝も効率がいいので体質改善にも時間がかかりません。
歳をとれば取るほど、体の変化にも時間がかかるものです。
早いうちから適切なケアを行って臭わない体を取り戻しましょう。