お風呂で加齢臭ケア

加齢臭をケアする上で最も即効性のあるケア方法の秘訣が「入浴」にあります。
水は人間の源であり、水は体を浄化してくれます。
体をキレイにする、体の臭いを落とすためにはお風呂で体をキレイに洗い流す事が最も効果的です。

 

湯船に浸かる

加齢臭が気になる方々は、毎日お風呂に入って体を清潔に保つ事を心がけておられると思います。
しかし、シャワーなどの簡易的な入浴の仕方では不十分です。
しっかりと湯船につかって体を温め、汗をかくことが効果的です。
湯船に使って体が温まる事により血の巡りが良くなり、全身に酸素や栄養分が豊富に届けられ、温熱効果で老廃物がスムーズに運ばれますす。
体を動かす事が少なくなった現代社会の中で、普段汗をかかない生活を続けていると汗腺には「老廃物」や「角質」などの不純物がたまりやすくなります。
お風呂で充分に汗をかくことによって、毛穴が開いて老廃物などの汚れも落ちやすくなり、肌も清潔に保つことができます。

 

 

お湯の温度

お風呂の湯は40〜42度が一般的です。
人間の体にとって40度前後の温かさが最もリラックスできる温度とされています。

 

加齢臭には朝風呂が有効的!

朝起きて仕事に出かける前にシャワーを浴びる事で、体の古い皮脂が落ちます。
皮脂が古くなることでにおいが発生する加齢臭の要因である「古い皮脂」を水で流すことによって、一番の加齢臭対策になるとも言われています。
石けんでゴシゴシ体をこする必要はありません。
シャワーで体を流すだけでいいのです。
簡単な事ですので、是非毎朝心がけてみてください。

 

また、熱いお湯で絞った蒸しタオルで体を拭く行為も「朝シャワー」と同じ効果を得られます。
シャワーを浴びたくない方は、熱い濡れタオルで胸や背中などを優しく拭いてあげるといいでしょう。

 

加齢臭を抑える体の洗い方

加齢臭が気になるからと言って、体をゴシゴシこすっていつもよりも強めに、いつもよりも多めに体を洗ってしまいがちですが、それでは皮膚を傷つけてしまいます。
加齢臭の原因となっている「古い皮脂」を取り除くために強い石けんを使ったり、敏感になればなるほど「洗う」と言う行為も増しますよね。しかし、この行為は「危険」です。

 

皮膚が傷ついたり、皮脂が傷ついたり、余計な脂を落としてしまって乾燥を招くと、体は余計に皮脂を作ろうとします。
皮膚や体のバランスが崩れ、加齢臭を悪化させてしまう原因にもなるのです。

 

加齢臭を抑えるための体の洗い方として効果的なのは、肌をゴシゴシ洗う事ではなく、しっかりと湯船につかって体を温めて毛穴が開いた所で優しく体を洗うと言う事が大切です。
その際に、加齢臭に効果のある石けんやボディーソープを使うとより効果的です。

 

日本人にとって湯船に浸かるという行為は、一日の疲れをとりリラックスする効果が得られます。これも一つの加齢臭対策です。
また、特に加齢臭が出やすい部位である背中の部分や首周り、耳や耳の裏側、胸周りなどを重点的に意識して洗いのこしがないように細かい部分まで丁寧に優しく洗ってあげる事で加齢臭を抑える事が出来ます。

 

加齢臭に効果的な石けんやボディーソープ

柿渋石鹸

加齢臭用に開発された石鹸です。
柿渋石鹸には「柿タンニン」とよばれる物質が含まれています。
この柿タンニンに含まれる成分が加齢臭の原因である「ノネナール」と呼ばれる悪臭成分と化学的に結合し、臭いのない違う物質「ポリフェノール付加化合物」に変化させるため消臭作用があるといわれています。

 

一時的に香水などで誤魔化すのではなく、科学的に加齢臭の元を変化させ臭いの元を除去してくれるから消臭効果も持続性があります。

竹炭石鹸

竹炭は、冷蔵庫や車内の消臭グッズでも取り扱われているように、有名な消臭アイテムです。
汗や尿のアンモニア成分や加齢臭のノネナール成分に吸着する働きがあります。

 

この特徴をいかして作られたのが「アジカ」
石鹸の泡が毛穴の奥に詰まっていた皮脂に吸着し、すっきり落とします。また、銀イオンも配合しているので抗菌作用もあり、においの原因菌の繁殖を防ぎます。
メンズ製品ではありますが、高い加齢臭対策効果が得られるので女性にも人気が出ています。

 

>>「アジカ」の詳細はこちら<<

ミョウバン石鹸

天然のデオドラントとして昔から愛されてきた「ミョウバン」はナチュラルで安心です。
特に臭いの気になる加齢臭には効果的だとされており「制汗作用」「殺菌作用」「消臭作用」と言う三つの効果が持続します。
「ミョウバン」はドラッグストアにも売っていますので、自作のミョウバン水を作るといいですよ。
これをお使いの石鹸と一緒に使うだけでも「ミョウバン石鹸」になりますから使い勝手がいいですね。

 

【ミョウバン水溶液の作り方】
2リットルの水に「ミョウバン」を50g溶かすだけです。
これは濃い水溶液のため、使用する際は薄めて使ってください。
※消臭スプレーとして使用する場合は、これを約20倍に薄めて霧吹きやスプレーボトルに入れて持ち歩いてください。
ミョウバン水は常温で3年くらいは日持ちします。
20倍で薄めたスプレーは冷蔵庫で保存しましょう。
ミョウバン水溶液を入浴剤代わりに湯船に入れても効果的です。

ミョウバン水を作るのが面倒という方は

市販品でもミョウバンを配合したデオドラント商品はあります。
その中でも今人気なのが「薬用デオラボクリーム」です。
こちらはミョウバンや緑茶エキス、さらにはサリチル酸ナトリウムを配合して
臭いの原因となる雑菌の繁殖を99%もカットしてくれるという優れもの。
お肌に優しいサクラ葉エキスも配合されており、やわらかく肌なじみのいいテクスチャです。
パッケージはシンプルでオシャレなので、持ち運ぶにもピッタリですよね。

 

こちらも全額返金保証制度があるので、ちょっと試してみたいという方でも安心な一品です。