加齢臭が気になったら「タバコ」に気をつけよう!

タバコを喫煙すると言う行為は「加齢臭」と強く結びついています。
特にタバコを吸うと、活性酸素により体内の「脂肪酸」や「中性脂肪」の酸化が促進します。
活性酸素は加齢臭の主な原因を作り出す素ですから要注意です。

 

また、喫煙により体の酸化を防ぐ「ビタミン」が体内で破壊されるためより酸化しやすい体になります。
これではいくら食生活を改善して「抗酸化作用」のある食べ物を意識して摂取し「脱加齢臭」を目指した所で何の意味もありません。

 

加齢臭の原因である「ノネナール」を防ぐためには「活性酸素」を体内に取り込まないようにしないといけません。
しかしタバコの煙は「活性酸素」そのものなのです。
さらに、タバコに含まれる有害物質「ニコチン」や「タール」「一酸化炭素」もすべて活性酸素となって体内に取り込まれます。
ニコチンは体を興奮状態にするため、変な汗が出たり汗臭くなる可能性もあります。
 
最近の実験結果では、タバコを吸うときには「活性酸素」が発生するのに、吸った後の煙には「活性酸素」が含まれていないと言う実験結果が出ています。
つまり、タバコを吸うときに発生する「活性酸素」はすべて体内に取り込まれていると言う事です。
これは「加齢臭」だけに限らず、肺の病気をはじめ動脈硬化や心筋梗塞など様々な病気を引き起こします。
それだけでなく、女性のお肌の悩みであるしみやしわも増えます。

 

ニコチンが肺にたまると肺は真っ黒になり、肺が悪くなると大腸の流れも悪くなり便秘を引き起こします。
便秘を引き起こすと肌荒れを起こし、体が乾燥します。
体が乾燥すると体内から脂を出そうとする機能が働きます。
この脂が毛穴から体外へ出て酸化すると「加齢臭」になり臭う。
こんな悪循環が繰り返されるのです。

 

それほどに「喫煙」というのは恐ろしい事なのです。
特にタバコは血液中のコレステロールも酸化させますので厄介です。

 

「加齢臭」を本気で対策したいなら「禁煙」は必須だと言えます。 

 

タバコをやめられないアナタへ朗報です!

加齢臭で気になるのが体臭と口臭。
特に喫煙者の方は口の独特のヤニ臭さで悩んでいる方も多いでしょう。
そんな方にオススメなのがマウスウォッシュの『デンタルリンスローズ』
こちらは、ただのマウスウォッシュではありません。
バラのいい香りがするのはもちろんのこと、このマウスウォッシュを使い続けていくうちにいつの間にかタバコが不味くなるのだとか。
それは成分中のマツエキスがタバコの味を美味しくないと感じるように変えてくれるらしいのです。
口臭ケアをしているうちに禁煙までできてしまうなんて一石二鳥です。
禁煙を考えられている方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 

>>デンタルリンスローズの詳細はこちら<<